牧野高校PTAホーム・ページのグレード・アップの記録(本当の良さを伝えるために) このページは
牧野高校PTAが
作成編集しています

今後PTAのホーム・ページを作成・編集される方々のヒントになるように、
牧野高校PTAホーム・ページのグレード・アップの記録と
ホーム・ページ作成のテクニックをまとめてあります。
経過
2006/5 学校からの連絡を確実に受け取りたいので「牧野高校メール・マガジン」のようなものができないかとの意見があり、
情報(ホーム・ページ)担当の先生と相談。

「他校で実施しているところもあるが、返信・苦情・迷惑メールの処理に追われ大変なので、実施しないほうが良い」とのご意見をいただく。
2006/6  学校行事一覧表をホーム・ページに掲載することを代案として採用。携帯サイトからも閲覧できるようにしていただく。
2006/6 PTA役員だより「ハーモニー」を今年度より発行(紙ベース。これがなかなかの優れもの。
「牧野高校メール・マガジン」で伝えたい内容をすべて網羅している。)
広報誌の「牧高だより」は広報委員会が作成されていて内容は外向きを意識して編集されている。
「ハーモニー」はPTA役員(主に書記)を中心に作成されていて内容は内向き。
ホーム・ページは公開されるためどうしても外向きにならざるを得ない。ホーム・ページの欠点を十二分に補完している。
2006/7 PTAでデジカメとデジタル・ビデオ・カメラを購入。
ホーム・ページ・ビルダーを購入。

牧野高校後援会の取材活動を開始。各クラブをたずねて、後援会費の使用方法を聞き取り写真撮影。
2006/8 牧野高校後援会のホーム・ページをとりあえず作ってみる。
2006/9 牧野高校後援会の模造紙版(紙ベース。牧高祭で掲示)完成
2006/9 牧高祭の取材・体育祭の取材。広報委員さんが購入したデジカメを使用して写真を撮る。
    体育祭のホーム・ページ作成
2006/10 牧野高校後援会と体育祭のホーム・ページをアップ
    牧高祭のホーム・ページ作成
2006/11 牧高祭・校内模試・ビーズ講習会のホーム・ページをアップ
2006/12 レンタル・サーバとの契約
2007/1〜2010/3 レンタル・サーバでPTA独自のホーム・ページを運用。
2010/4 ホーム・ページ作成を業者委託しサーバも移行


作成のコツ(大まかな手順)
(1)  写真(ビデオ)取材が一番大変です。催しものが同時進行する牧高祭なんかは絶対一人でできないし 、
       大勢の人がいろいろなところで取材する必要があります。一人がPTA行事・学校行事の全てに参加している訳では
       ないので、多くの方の協力が必要です。しかし、
どこへカメラを向けても一生懸命が写る牧野高校では、
       写真
取材は楽しいものでした。
(2)    次に大変なのは良い写真を選ぶこと。良い写真は、だいたい5から10枚に1枚の割合ですから1シーン写す時に5から
     10回はシャッターを押すと良いでしょう。その点、デジカメはフィルムを気にしなくて良いので楽です。
(3)    編集ソフトはホーム・ページ・ビルダー10を使いました。
(4)    写真の圧縮に注意。ビット・マップだと写真1枚で1000KBJPAGだと写真1枚で200から500KBあります。これを最高で
     100KBぐらいに事前圧縮します。その後ホーム・ページ・ビルダーでサイズをあわせて貼り付けると最高で30KBぐらいになります。        画像の圧縮ソフトはユーリードの「PhotoImpact8」を使用しました。
(5)    動画は少し複雑です。デジタル・ビデオカメラで映したものを、IEEE1394経由でパソコンに取り込みます(キャプチャーします)。
       この時は
DV(ビデオ・クリップ)をいう形式で、パソコンに保存します。(200MB/分ぐらいのサイズ)次に編集機能で不要
       な部分をカットし、完了。画面のビデオ・ファイルの作成から
WVM形式を選択して、圧縮します。(1MB/分ぐらいのサイズ)。
       この作業は必ず二段階の工程をふんで下さい。一度にするとコンピュータの処理が途中で止まってブチブチの映像になってし
       まいます。映像の編集・圧縮ソフトはユーリードの「
VidioSta8」を使用しました。
(6)    まずフォルダを作ってください。フォルダ名もファイル名も必ず半角英数字です。(ホーム・ページの1ファイル(1ページ)に
       フォルダを
1個用意すると、後でメンテナンスや管理が楽になります。)
       フォルダ名、ファイル名はWindowsのエクスプローラの並び方の法則を意識してつけると、見やすく整理が楽になります。
      (具体的には本当につけたいフォルダ名、ファイル名の前にアルファベットと数字の組み合わせをつけておくことです。例 
     a001_makinohp・・a002_makinohp・・・・・z100_makinohpとすると順に並びます。)
(7)     
ここまでが下準備でいよいよ、ホーム・ページの作成です。ホーム・ページ・ビルダーは必ず標準モードで使用してください。
       主な作業は写真の取り込みと解説の文書作りです。

(8)     ページは全画面表示ですが横幅を800ピクセルぐらいにした方が良いと思います。
      (多くの方が左にお気に入りを表示したままで、ホーム・ページを見ているので全画面表示だと右はしが切れる。)

(9)     文書のかたまりと写真の枚数だけタグを作成します。タグ上に貼り付けることで、ページの上を自由に移動できます。
(10)  複数のページがあるときはリンクを張っていきます。(自分のパソコンでリンクが動作してページを移動できるかを確認します。)
(11)  ホーム・ページ委員会でのチェックをします。
(12)  PTA独自のサーバの場合は、完成したかたまり(1個のフォルダにいれると良い)をFTPでサーバに転送します。
(13)   学校のサーバを使用するときは、ホーム・ページ担当の先生に、完成したかたまりを渡して転送をお願いします。
(14)   現在ある学校のホーム・ページから、新しいページにリンクを張ってもらいます。


レンタル・サーバの考え方(選び方)
PTAのホーム・ページを掲載するための条件
(1)申し込み等に対する条件
・団体申し込みが可能なこと。
・代表者・連絡先の変更が可能なこと
・アダルト・サイトを禁止していること(共有サーバなのでそのほうが無難)
(2)サーバの性能・制約に対する条件
・転送量制限がなく転送量により追加料金が発生しないこと
・ハード・ディスク容量が大きい(500MB以上)
・映像転送の制限がないこと
・年間の不稼動時間の短いこと(故障時間の短いこと)。→この部分は通年運用してみないとわからないと思える。
・サーバのセキュリティが高く、情報漏えいのないこと。→この点については不明なことが多く、大手だから安心とは一概に言えない。
(3)運営費用
・ドメインの取得・維持に高額な費用が必要な場合がある。→学校のホーム・ページを入り口にするためサブ・ドメインでも可能と思える。
・転送量により追加料金が発生しないこと。
・初期費用が安いこと。月額が安いこと。(年額の費用で最大3万円が目安。)
上記の条件で業者を探した。傾向としては大手の業者は信頼度・安定性には優れているが、
価格やハード・ディスク容量・転送量制限では条件にあわない。

セキュリティの問題はさておき、安定性については、安い新興の業者を2つ契約し、同一のホーム・ページを用意して、
学校のホーム・ページからリンクを2箇所に向けて張る方法も考えられる。(現在そこまでする必要性があるかを検証中です。)
2010/3まで運用した実績では単独のサーバでも運用に支障はありませんでした。